助成金

助成金申請の面倒な作業を依頼できる「助成金 申請代行業者」

このような方におススメの内容です。

  • サロンが使える助成金をお探しの方
  • 助成金の申請に興味があるが、助成金の申請方法が分からない方
  • 助成金の申請を行おうとしたが、難しくて挫折した方
  • 助成金申請の代行業者をお探しの方

※本ページはプロモーションが含まれています

助成金は、

  • 簡単に言うとお金が貰えるのは知っているが、難しいのでは?
  • 本当に貰えるの?

と疑問を持たれているサロンオーナー様もいらっしゃると思います。

助成金は申請の要件さえ満たしていれば必ず受給でき、返済が不要のお金です。

財源は雇用保険で厚生労働省が管轄する助成金となります。

また、昨今のコロナ下で特にキャリアアップ助成金を中心とした雇用を守るための助成金は手厚く助成金は毎年1000種類以上新しく出されますが、それは毎年申請が可能です。

そこで、今回は、

助成金申請に関わる面倒な部分を全てを依頼でき、

サロンオーナーは、

  • 本業に集中できる環境を整え
  • 従業員の働きやすい環境を整え
  • 尚且つ、大きな金額を受給できる

厚生労働省管轄 助成金の申請代行業者をご紹介します。

助成金や補助金がどれくらい受給できるか、今すぐ自動診断してみる

助成金を申請するのに面倒に感じてしまう5つのハードル

次の5つは、助成金申請を面倒に感じてしまう5つのハードルと言われています。

  1. 助成金探し
  2. 社内での書類作成
  3. 労務の改善
  4. 行政への書類提出
  5. 社労士探し

助成金申請は面倒な部分が多く、申請には正確な情報の提供や適切な書類の用意が求められますが、これに関する知識がないと困難です。

例えば、助成金申請に必要な書類の一つに「事業計画書」がありますが、これを作成するだけでも時間がかかります。

エステサロンやリラクゼーションサロンのオーナーの場合、日々の運営業務に追われている中で、これらの手続きを行うのは大変な作業です。

このように、いざ、自分で助成金の申請をしようと思っても、

助成金の知識が無く、何から手を付ければ良いの分からない

助成金の種類が多く、どの助成金が当てはまるのは分からない

助成金って・・そもそも自分たちで申請できるの?

など不安や手間を感じて、助成金申請を断念してしまうことも少なくありません。

助成金申請の失敗例

また、助成金申請において、失敗するケースも少なくありません。その中でもよく見られる助成金申請の失敗例やトラブルを紹介します。

書類不備

必要な書類が不足したり、正しく記入されていなかったりするケースです。
例えば、経費の計算ミスや記入漏れがあると、申請が受理されない場合があります。

締め切りの遅れ

一番多い失敗例は、助成金の申請の締め切りを逃してしまうケースです。
手続きに時間がかかってしまい、期限内に申請ができないことがあります。

目的の不明確

申請する助成金の目的や活用方法が不明確なケースです。
具体的な活用計画がないと、審査通過が難しくなります。

適切な業種の選定

助成金の対象となる業種を選定する際、誤った業種を選んでしまうケースがあります。
また、もっと受け取れる助成金があったにも関わらず、申請できていないなどのミスがあります。

そこでおススメするのが、助成金の申請代行業者への依頼です。

どのような助成金がもらえるのか分からない方のための「無料 助成金相談」へ

助成金の申請代行業者に依頼するメリット

助成金の申請代行業者へ依頼することで、以下のようなメリットが得られます。

専門知識の活用

助成金の申請は複雑な手続きが伴いますが、専門家の助成金の申請代行業者に依頼することで正確かつ効率的に申請手続きを進めることができます。

手間と時間の削減

申請手続きには多くの書類作成や手続きが必要ですが、助成金の申請代行業者を利用することでそれらの手間と時間を削減できます。

成功率の向上

専門家が申請手続きを行うため、正確な情報や必要書類の提出が保証されるため、助成金の取得成功率が高まります。

このように助成金申請のプロ 助成金の申請代行業者に依頼すると、サロン自前で申請するための手間や苦労、時間を削減することができます。

厚生労働省管轄 助成金の申請代行業者とは

そこで今回は、厚生労働省管轄 助成金申請代行業者をご紹介します。

助成金は何となく申請が難しいと考えがちですが、雇用保険に1名で加入している企業であれば受給可能です。

1社平均300万円前後が受給できますが、世の中の社労士は毎年要項が変わる助成金に実は詳しくなく、約94%の企業が申請しないでいます。

「厚生労働省管轄 助成金申請代行業者」はその94%の助成金を受給できるであろう企業へのお手伝いをしています。


返済の要らない厚生労働省管轄の助成金が1社平均300万円受給可能!
<助成金申請代行のサービスページ>を見る

厚生労働省管轄 助成金とは

厚生労働省管轄の助成金とは、事業主が雇用や労働条件の改善に取り組む際に、その費用の一部を補助する制度です。

厚生労働省では、様々な助成金を設けており、その対象や要件はそれぞれ異なります。例えば、以下のような助成金があります。

厚生労働省管轄 助成金の一例

両立支援等助成金

両立支援等助成金は、働く人々が仕事と家庭や育児、介護の両立を図るための就業環境整備に取り組む事業主に対して両立支援等助成金を支給することにより、職業生活と家庭生活の両立支援に対する事業主等の取組を促進し、労働者の雇用の安定を図る助成金です。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成します。

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は、事業主が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

職業経験の不足などから就職が困難な求職者等を、無期雇用契約へ移行することを前提に、一定期間試行雇用(トライアル雇用)を行う事業主に対して助成することにより、求職者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

「厚生労働省管轄 助成金申請代行業者」に依頼するメリット

「厚生労働省管轄 助成金の申請代行業者」を依頼する一番大きなメリットとしては、

面倒な作業は全て「厚生労働省管轄 助成金申請代行業者」に対応してもらええて、クライアント企業は限りなくゼロに近い工数で、助成金を受け取ることができます!

助成金申請に伴う面倒な業務は

  • 最適な助成金をご提案
  • 書類作成や回収は弊社主体
  • 労務環境の整備からサポート
  • 行政への書類提出も対応可能
  • 実績豊富で助成金申請が得意な提携社労士が対応

「厚生労働省管轄 助成金の申請代行業者」は、この助成金申請で面倒に感じる五大は―ドル全て対応しています。


返済の要らない厚生労働省管轄の助成金が1社平均300万円受給可能!
<助成金申請代行のサービスページ>を見る

よくある質問

「厚生労働省管轄 助成金申請代行サービス」へのよくある質問をご紹介します。

Q.会社を設立したばかりでも申請できる助成金はある?

A.はい、あります。財源が雇用保険料なので、雇用保険の適用事業所でさえあれば、様々な助成金の案内が可能です。

Q.個人事業主で、社員が一人の場合でも申請できる助成金はある?

A.はい、あります。個人事業主や社員1名様の会社も多くいらっしゃいます。

Q.今、契約している社労士に依頼するのとどう違う?

A.社労士も専門分野が分かれています。今日まで助成金申請の提案を受けていないのでしたら、助成金が不得手な場合も。もし対応できた場合も2~3種類程度の助成金しか申請できない社労士さんも多く、申請できる助成金を取りこぼしてしまう場合があります。

Q.そもそもウチが申請できる助成金が分からない

A.貴社の状況を伺いながら無理なく取り組める最適な助成金をご提案します。

まとめ

助成金申請を面倒に感じてしまう5つのハードルとは?

  • 助成金探し
  • 社内での書類作成
  • 労務の改善
  • 行政への書類提出
  • 社労士探し

助成金申請の失敗例

  • 申請書類の不備
  • 助成金申請の締め切りの遅れ
  • 助成金の目的の不明確
  • 適切な業種の選定

助成金申請の代行に依頼するメリット

  • 専門知識を活用できる
  • 手間を時間を削減できる
  • 成功率の向上

おススメは「厚生労働省管轄 助成金申請代行サービス」

面倒な作業は全て「厚生労働省管轄 助成金の申請代行業者」に対応してもらえ、クライアント企業は限りなくゼロに近い工数で、助成金を受け取ることができます!

「厚生労働省管轄 助成金申請代行サービス」の概要とご相談はこちらへ

いかがでしたか?

助成金に興味をお持ちのサロンオーナーは少なくないとおもいますが、申請に係る作業の負担で申請を断念する方もいらっしゃいますが、「助成金申請代行」サービスはその部分を丸っとサポートしていただけます。

相談無料サービスを行っているそうですので、ぜひ、この機会に相談してみてはいかがでしょうか?

■その他のBlog記事はこちらへ

最寄りのレンタルタオル業者を見つけよう!