タオルの厚みの単位と目安 タオルの基礎知識

タオルの重さや厚さを表す単位「匁(もんめ)」と利用ごとの厚みの目安

レンタルタオルを業者に依頼するにあたり、用途や目的にあったタオル選びのために、基礎知識として知っておくと便利な単位、匁(もんめ)と、利用シーンごとのタオルの厚さの目安をご紹介します。

 

匁(もんめ)とは?

匁(もんめ)は、昔の日本で使われていた、尺貫法の重さの単位で、
タオルの重さや厚さを表す単位として使われます。

 

タオルの場合、同じサイズでも重さや厚みにかなり違いが出てきますので、
タオルのサイズ以外に、匁(もんめ)を知っておくと非常に便利です。

 

1匁(もんめ)=3.75g と定められています。

これはタオル1枚ではなく、12枚(1ダース)の 重さとして換算されます。

 

例えば、レンタルタオルのページに、貸し出されるタオルに200匁と記載があった場合、

200匁×3.75g=750g(1ダース:タオル12枚の重さ)
750g÷12枚(1ダースの枚数)=62.5g(タオル1枚の重さ

という計算式になります。

匁(もんめ)から考えるタオルの選び方の目安(フェイスタオル)

例えば、タオルが厚いと、薄くてぺらぺらなタオルよりもお客様に
優雅な感じを感じてもらえますが、タオルを濡れた状態で使う場合、
乾きにくい、絞りにくいなどのデメリットがあります。

 

このように、皆さんのお仕事でタオルが使われるシーンによって、
タオルの選び方は異なります。

 

でも、タオル選びのたびに上記の計算をするのは面倒・・・
そんな方に、フェイスタオルの場合の厚みの目安表や、利用シーンごとのタオルの厚みの目安を下記に紹介していますので、タオル選びの参考にしてください。

 

 

各目的別のタオルの厚みの目安をご紹介します!

160匁~180匁  :温泉や温浴施設、お風呂でタオル使われるタオルの厚み

温泉や温浴施設、お風呂でよく使われるタオルの厚みの目安です。
絞りやすく乾きやすいタオルの厚みです。

 

200匁~260匁  :エステサロン・美容院・整骨院・整体院で使われるタオルの厚み

標準的な厚みのタオルから、高級感や非日常を感じさせる厚みのタオルまで、
お店の雰囲気、客層、施術内容などによって、タオルを選ばれています。

 

240匁~280匁  :高級旅館・ホテルで使われるタオルの厚み

かなりタオルの厚みを感じます。上質感を感じてもらえる厚みです。
高級な旅館やホテルで使われることの多いタオルの厚みで、
水分をしっかり吸収してくれまます。

 

260匁~300匁:高級なホテルで使われるタオルの厚みの目安

ボリューム感やラグジュアリー感を感じてもらえる厚みです。
高級なホテルで使われるタオルの厚みの目安で、身体をしっかりと
包み込んでもらえる感触を味わえます。

 

いかがでしたか?お店で使っているタオル、家庭や旅行先で使っているタオル、
今までは何気なく使っていましたが、厚みのことが少しわかると、タオルの見方が変わり、
そのシーンに適したタオルなのか、気になってきそうですね。

最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

マスクケース オリジナル 印刷

■その他のBlog記事はこちらへ

最寄りのレンタルタオル業者を見つけよう!

-タオルの厚みの単位と目安, タオルの基礎知識
-, , ,

Copyright© 全国のレンタルタオル&リネンサプライ業者まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.